2016年 1月

結婚は、お互いの気持ちが大切なのは言うまでもありませんが、それだけではありません。
結婚をすることによって配偶者の家族とも親族となるので、配偶者の家族とも良い関係を構築しないと結婚生活がうまくいかない場合が多いのです。
もし配偶者の家族に悪い印象を与えてしまったら、できるだけ早く信頼を回復するように努力する必要があるのです。
もし配偶者の家族との仲が拗れてしまったら、離婚にまで発展する場合もあるのです。
配偶者の家族にも様々な考えがあり、なぜ印象を悪くさせてしまったのか分からない場合も多々あります。
しかし多様な考え方があることを尊重して、意固地を張らずに相手方の主張に耳を傾ける必要があるのです。
配偶者にとっても、自分の大切な家族に色々と言われたら段々と不信感が強まってしまいます。
ですから離婚を回避するためにも、誤解を解くために様々な努力をする必要があるのです。
それにはよく話し合うことが大切です。
よく相手と話し合って自分の考えを理解してもらうように、努力することが必要なのです。
話しを何度も重ねれば、お互いの誤解は解けるものです。
なかなか悪い印象を拭えなくても、諦めずに何度も話し合うことが大切なのです。

子供がいると簡単に離婚をすることはできないのが事実です。安定をした家庭環境で生活をさせることや、良い教育を受けさせることもとても大切なことです。夫婦の関係が悪くなっている状態の場合離婚が頭をよぎると思いますが、少し考えてみましょう。子にとって良き親であるために、成人をしたり自立をするまでは我慢をして夫婦関係を継続することはとても大切なことです。二人の関係の状態にもよりますが、我慢をすることができる程度であれば自立をするまで離婚を回避していきましょう。責任感と教育の観点から考えるとそれが一番いい方法だと思います。一人で育てていくとなると、育てていく為の費用や生活をしていく費用を賄わなければなりません。養育費というものをもらったとしても、それ以上に一人で育てるということは大変になってきます。二人で見守るからこそできる事がたくさんあります。早まった決断をして一人で苦労をするのではなく、安定をして育てて行くためにどのような方法が一番いいかを考えることが大切です。自分の人生は子育てを終えてからでも間に合います。良き親であるために、いい教育をさせることを一番に考えと自然と子育てを終えてから離婚をした方が良いという決断になるでしょう。

夫婦間のコミュニケーションがうまくいかないと些細な亀裂が大きくなっていき、最終的には大きな破局をもたらしてしまいます。夫婦の関係が険悪になっていったとしても、離婚を回避してやり直酢ことのできる可能性はまだ残っています。離婚の準備や手続き自体困難なものですし、離婚は夫婦だけではなく二人の間に生まれた子供の人生にも影響しますので、お互いに離婚を回避する意思がある場合はできる限り努力することが望ましいですね。
離婚を回避するためには家庭不和になった原因をなくすことです。まずそのためには第三者の立ち合いがあってもいいので、夫婦間で一度納得のいくまで話し合いをした方がいいでしょう。この時に大切なのは相手を脅したり、自分の意見を押し付けないでお互いの意見を伝えあって、相手の気持ちや意見を尊重するように態度を改めるようにすることです。これが継続的にできるようになれば、夫婦間の亀裂も起きなくなりますし、家庭もうまくいくようになります。離婚回避には特別なことは必要ありません。人間関係で当たり前のことを実行することが出来るようになるだけでいいのです。お詫びの意味も込めて値段の高いプレゼントやディナーも贈るとなおいいでしょう。

ネットが発達した現代社会では、いろんな人との接触を持てる機会が増えてまいりました。
パソコンやスマートフォンを簡単に使えますので、SNSで異性と出会う場も際立って増加してきたのです。
実際に、配偶者に不倫の疑いを持ち始めるきっかけは、携帯電話かスマートフォンが最も多いようです。
夫婦間で、些細なことから相手の不倫を疑い始めますと、その疑惑がずっと膨らみ続け、精神的にも大変に辛い思いを禁じ得ません。
こんなとき、まずは事実がどうであるかを確認することが最優先です。
そして、もし、本当に配偶者が不倫をしているというのであれば、自分としてはどう対処するのかを決断することになります。
事実がはっきりとしないままの状態で悶々としていたのでは、堂々巡りを繰り返すだけです。
なお、不倫の調査を探偵事務所に頼んだということは、口にすべきではありません。
事実関係を把握した上で、もし本当に浮気をしていたのであれば、離婚や別居も仕方ないでしょうし、逆に、そういった事実が全くなかったのであれば、それで配偶者に対する疑いを解消できるわけですから、自然と信頼回復ができるのです。
不倫の疑惑にとらわれたときは、事実がどうであるかをまず押さえておくことが大切なのです。

医師は離婚率が低いと言われていますが、これは収入が安定していることが一番の理由なのです。
経済的余裕があれば心にもゆとりが生まれて、夫婦間でギスギスすることがなくなります。
お金に余裕がないと、些細な出来事にもイライラしてケンカに発展してしまうのです。

経済面を圧迫する理由には収入が少ないことも理由としてありますが、借金の問題も大きいでしょう。
ローンには必ず利息が発生するため、お金を借りるということは利息の分だけマイナスになるということです。
浪費癖のある方は稼いだ分だけ使ってしまう癖があるため、家計の見直しをしてムダ使いをなくすこと、ローンの利用を控えることなどが大切となります。

ローン解決の方法には債務整理という方法もありますが、ブラックリストに登録されるデメリットがあります。
すると5年間はローンを利用できなくなり、クレジットカード、自動車ローン、住宅ローンなどの契約もできません。
借りたお金は可能な限り自力返済をしたほうが、将来のローン契約の審査においてもプラスになるわけです。

離婚に至る要因の多くは経済的な逼迫なので、離婚回避の手段として経済的余裕を手に入れましょう。
お金に関することは夫婦二人の問題なので、ローンの返済方法についてもよく話し合っておくべきです。

離婚危機を回避するための一つのポイントは諦めないことです。これは人によっては無駄な行動と思うかもしれませんが、一貫して自分のスタンスを貫くことは姿勢がぶれないことから良い結果を生むことは良くあります。別れるかどうかでトラブルになると、そこには必ず何かの理由があります。その理由に対して妥協してしまうと相手の思うつぼですし、これからの生活は相手に合わせることになります。重要なのは自分の意見をしっかりと主張することです。大抵の場合、自分の意見を相手に主張しても相手はその意見に納得してくれないことが多く、それが理由でトラブルになります。しかし、相手が折れるまで諦めずに自分の意見を主張し続けることで、相手に少なからず変化が出ます。その変化とは今まで以上に歩み寄りの可能性が無くなることもあれば、逆に少しはお互いの距離が縮まることもあります。奇跡的にこうしたスタンスによって夫婦を継続することが出来るという良い結果を得ることがありえることを知っておきましょう。正論からしっかりと自分の意見を主張して納得してもらうまで諦めないことが一番重要なことです。しっかりと何を伝えたいのかを考えてから意見を貫きましょう。小物01

離婚をしたいと突発的に思って人に話しをしたり、離婚を決断する人は少ないと思います。少しずついろいろな不満が重なっていって離婚という文字が頭に浮かぶと思います。でも人に話しをする時は、ある程度自分の考えが固まっている状態で話しをしたり感情的になっている時に話しをするので、その決断が突発的と捉えられてしまうことが多くあります。人に相談をすることも無意味になってしまうのです。そうならない為にも、ごく身近な人や家族には離婚をしたいと思った時点で少しずつ話しをしていく事が重要です。でも離婚をする為には理由と根拠が必要です。何もないのにただ離婚をしたいという事では周りに理解をしてもらうことができず、自分のわがままになってしまうのです。根拠をしっかりとまとめておいて話しをしたり相談をすることで、本当に離婚をする決意があるということを理解してもらうことができます。特に家族に納得をしてもらう事ができなければ、離婚後の生活を安定して暮らしていくことができないので、納得をしてもらうことができるように少しずつ離婚を決めてきたポイントを話しをしていくと家族もわかってくれるでしょう。急に話しをしてもわかってもらうことができないので、少しずつ話しをしていくことが大切です。花瓶02

学校や勤め先でのストレスや疲れから解放され、心を安らげることのできる家庭。本来そうであってほしいものですが、家族との関係がうまくいっていないと、家に帰ってからも落ち着かず、知らず知らずのうちに心や体に不調が現れてくることもあります。家庭内での険悪な空気は思いのほかストレスのたまるものです。
親が口うるさい、兄弟姉妹と喧嘩が絶えないといった不満であれば、まだコミュニケーションがとれているので問題はありません。心配なのは一緒に住んでいるのに何の会話もない、または最近顔も見ていないといった状態です。スマホやゲームなどの登場で簡単に情報を得られ、他者とのコミュニケーションもとれる時代です。目の前の相手と口を聞かなくてもすんでしまいます。ですが生身の人間とのコミュニケーションとはとても大事なものです。毎日一緒にいるのですからすれ違いや衝突が起こるのは仕方がありません。しかし、うざいからムカつくからとお互い避けて生活していると、喧嘩にはならないかもしれませんが一生距離が出来たままになってしまう恐れがあります。ずっと一緒にいるからこその甘えが出てしまいがちですが、相手への愛情を忘れないことが大切です。違和感を感じ始めたら、「おはよう」「おやすみ」などの簡単な挨拶だけでも行ないましょう。相手を気にかけていますよという態度を見せることが、関係回復の第一歩となるかもしれません。花瓶01

交際相手や配偶者と長く付き合っていくためには、相手に対して過度にストレスを溜め込まないことが大切です。自分の意思をはっきりと示す必要があります。長く一緒にいればいるほど、相手の欠点や共感できない点が増えてきます。しかし、伝え方によっては相手を不愉快にさせて、逆に関係が悪くなる恐れがあります。相手に直して欲しいところを当たり障りなく伝えるには、段階を踏んだ方が良いです。まずは、相手を気遣い尊重している素振りを見せます。それから相手への不満をほのめかすやり方が効果的です。直接相手を攻めるような言葉を使うと、相手も聞く耳を持たなくなってしまうので、最初はオブラートに包んで話します。相手の欠点を別の人の話のように置き換えて話すと、相手も客観的に物事を考えて自分の行いに照らし合わせることができます。数回に別けてほのめかすことで、相手も無意識にインプットされて自然と改善されます。小さな不満は放置してしまいがちですが、それとなく相手に伝えておいた方が良いです。ささいなことも時間が経つにつれて、大きな問題へと発展するかもしれません。お互いが嫌な思いをしない程度にこまめに伝え合うことも、コミュニケーションを取るうえで重要です。椅子と観葉植物

離婚をするということを家族や親に話したときの反応は2つに分かれます。実の親の場合は、明確に賛成も反対も言いませんが、熟慮して決めた結果なんだろうと淡々と受け止めて、その後の生活を心配することが多いです。子供がいれば、ちゃんと育てていけるのか、住むところはどうするのか、実家に戻ってくる選択もあるという温かい言葉をかけてくれます。兄弟も応援するからと味方になってくれて心強い声をかけてくれます。ただ、ちゃんと自立できるように設計を立てなさいと厳しくも優しい言葉もありました。しかし一方、反対するのが義両親です。まずはもう一度やり直すようにしたほうがいいと言います。それでも決心は変わらないと言うと、原因は何かと問いただし、些細なことだろうと決めつけ、さらに原因が自分の子にはないような発言をします。相手の落ち度が原因だということを話しても、全く信じようとしません。こうなると完全な決裂状態で、繕うような言葉をかけるよりも、事実を淡々と述べて、許可を得るのではないですから、事後報告のようになります。決断するだけでも大変な道のりなのに、家族に話すことはストレスがたまるつらい作業です。しかしケジメは必要ですから、挨拶をして、区切りをつけましょう。椅子と絵画と花

最近の投稿