段階を経てほのめかす!相手への不満は数回に別けていこう

交際相手や配偶者と長く付き合っていくためには、相手に対して過度にストレスを溜め込まないことが大切です。自分の意思をはっきりと示す必要があります。長く一緒にいればいるほど、相手の欠点や共感できない点が増えてきます。しかし、伝え方によっては相手を不愉快にさせて、逆に関係が悪くなる恐れがあります。相手に直して欲しいところを当たり障りなく伝えるには、段階を踏んだ方が良いです。まずは、相手を気遣い尊重している素振りを見せます。それから相手への不満をほのめかすやり方が効果的です。直接相手を攻めるような言葉を使うと、相手も聞く耳を持たなくなってしまうので、最初はオブラートに包んで話します。相手の欠点を別の人の話のように置き換えて話すと、相手も客観的に物事を考えて自分の行いに照らし合わせることができます。数回に別けてほのめかすことで、相手も無意識にインプットされて自然と改善されます。小さな不満は放置してしまいがちですが、それとなく相手に伝えておいた方が良いです。ささいなことも時間が経つにつれて、大きな問題へと発展するかもしれません。お互いが嫌な思いをしない程度にこまめに伝え合うことも、コミュニケーションを取るうえで重要です。椅子と観葉植物

最近の投稿