家庭内別居、ゆくゆくは離婚?仮面夫婦の実態

家庭内別居とは、お互いの気持ちは既に離れてしまい、夫婦としてやっていくことが難しい状況なのに、一緒に住み続けている状態を指します。話し合いを重ねても溝が埋まらなくなった場合には、離婚をして別々の道を歩むという選択肢もありますが、お子様がいる場合には親権や養育費問題も出て来ますし、片方が離婚を希望しても相手は今の生活を望むような場合には裁判にまで発展しますし、かなり厄介なので踏みとどまっているケースも多いです。

結婚から年数が経つにつれて、出会ったころのときめきや新鮮な気持ちは失われ、存在自体がうっとうしく感じられたり、あまり顔を合わせたくないと感じる事もありますが、別れるほどではないという場合にはお互いが別々の部屋で生活するケースが多いです。長く夫婦生活を続けていくためには「つかず離れず」が一番で、お互いの趣味などプライベートな事に干渉しない事によって改善する場合があります。浮気の兆候があるからといってパートナーをしつこく問い詰めたりすると、亀裂が入ってしまい修復不可能な状態になってしまいますので、どうしても調べたい場合にはプロの探偵などにお願いして調査結果を報告してもらうようにするのが無難です。

最近の投稿