家族には知って欲しい!険悪になってしまった環境と愛情

学校や勤め先でのストレスや疲れから解放され、心を安らげることのできる家庭。本来そうであってほしいものですが、家族との関係がうまくいっていないと、家に帰ってからも落ち着かず、知らず知らずのうちに心や体に不調が現れてくることもあります。家庭内での険悪な空気は思いのほかストレスのたまるものです。
親が口うるさい、兄弟姉妹と喧嘩が絶えないといった不満であれば、まだコミュニケーションがとれているので問題はありません。心配なのは一緒に住んでいるのに何の会話もない、または最近顔も見ていないといった状態です。スマホやゲームなどの登場で簡単に情報を得られ、他者とのコミュニケーションもとれる時代です。目の前の相手と口を聞かなくてもすんでしまいます。ですが生身の人間とのコミュニケーションとはとても大事なものです。毎日一緒にいるのですからすれ違いや衝突が起こるのは仕方がありません。しかし、うざいからムカつくからとお互い避けて生活していると、喧嘩にはならないかもしれませんが一生距離が出来たままになってしまう恐れがあります。ずっと一緒にいるからこその甘えが出てしまいがちですが、相手への愛情を忘れないことが大切です。違和感を感じ始めたら、「おはよう」「おやすみ」などの簡単な挨拶だけでも行ないましょう。相手を気にかけていますよという態度を見せることが、関係回復の第一歩となるかもしれません。花瓶01

最近の投稿