民事再生とは

民事再生とは債務整理の1つであり、そのままでは返済が不能になる場合に、残高に応じて最大で10分の1まで債務を減額できるものです。ただし、利用するには住宅ローンを除く債務の総額が5000万円以下であり、原則として3年間で返済できる見込みがなければなりません。
利用に際して、自己破産のように財産の処分をしたり、一時的に特定の職業に就くことができない制限がありません。そのため、継続的な収入が見込め、財産を手元に残したい場合に適している方法です。
ただし、デメリットもあります。この方法では全ての債務を対象にしなければなりません。減額された債務の中で連帯保証人がいるものについては、債権者から減額分の債務の督促が行われます。基本的に一括で請求されるため、支払えない場合は分割にできないか交渉したり、保証人も債務整理して返済の義務から逃れるしかありません。
なお、他人の債務を肩代わりした場合には求償権が発生します。これは商行為であれば5年、それ以外であれば10年が時効になっています。通常であれば債務者は3年で減額した債務の返済が終わっているため、連帯保証人はそれ以降に肩代わりした債務の返還を求めた方が良いです。このとき、公正証書によって契約を交わすと安全です。公正証書で契約していれば、それを守れなかったときに強制執行を行えます。

最近の投稿