亡くなってからしするべきこと

死亡が身内に起こりいろいろ経験しました。それから5年が過ぎ、近所に不幸があいつぎ時代の流れを実感しました。葬儀形式も変わりました。しかし遺族は、葬儀が終わってからいろいろしなければならないことがあります。葬儀は葬儀会場でとり行われるので、仏式の時は、僧にお礼をします。又、地域社会の自治会の組織からお手伝いをしてもらい、なにかと助けていただき、協力していただくのでお礼を言います。それが一区切りつくと親の不幸の場合は兄弟で話し合い、親の遺産について喧嘩にならないよう長男、長女を中心に話し合います。遠くにいてばらばらで合う機会もない時は、日頃から電話で親しくしておくことです。遺恨の残らないよう親戚に相談するのがいいです。仏壇、形見などは、故人の遺志を大切にします。形見の品をおろそかにせず大事に活用できるように心掛けます。一度のことで、喪主の経験はない場合が多いので、アドバイスを近所の人から、親戚からいただきます。いい関係が将来まで続くようにします。トラブルがよくありますが、故人の立場もありますので、トラブルは公的な機関があり、電話でも相談できる時代です。あまり心配することではありません。故人が天国から見守ってくれているという気持ちで取り組むことこそ最善の方法です。

最近の投稿