任意整理に対する保証人の対抗手段について

任意整理は破産法と同じような流れで行われますが、それは、債権届出から始まり、任意整理の提示、交渉、処分、配分や返済からなる内容です。通常、良く耳にするのが個人に関しての任意整理で、その場合には債権者と交渉をして借金の減額や利息の引下げ、また、返済の分割化や月々の返済金の減額を債権者に承諾をしてもらうことになります。任意整理は債務者が資産があることや毎月の収入が確実に計算できる場合には、一括返済や分割返済でも計画案は立てる事ができますが、それが無い場合には債権者から承諾を取ることは難しくなります。その場合には自己破産しか、選択肢は無くなり、それは、保証人においても同様です。借金に関してはほとんどが連帯保証人であり、そこには、催告の抗弁権や検索の抗弁権は認めらておらず、あるのは、債務者の代わりに支払った場合に行うことができる求償権のみです。もし、債務者が不履行をしてしまい債権者から請求が来た場合には、連帯保証人が裁判所に執行の停止を申出て、民事調停に持ち込むことくらいしか方法はなくなります。調停の内容においては債務者が行うものと同様ですが、もし、資産があったり、親戚などからの借入ができる場合などは、和解金による一括払いも選択肢の1つとなります。減額も含めて承諾を取りやすい場合も多く、それは債権者にとっても一括払いをしてもらった方が時間がかからないなど、利点があるからです。

最近の投稿