任意整理とは

任意整理は、借金の返済が困難になったさいに行われる債務整理のひとつであり、弁護士や司法書士などに仲介してもらって、債権者に対して、主にこれから発生する利息分の免除を求めるというものです。裁判所を通さないで行われる債務整理の方法であるため、自己破産や個人再生などと異なり官報などに住所や氏名が載りませんし、法的なペナルティを受けないというメリットがあります。また整理する相手を選んで債務整理を行えるといったメリットがあります。
しかし、このさいに債務に保証人を立てている場合には、そちらに返済の請求が行く場合があり、強制執行に出られる可能性があります。これは債権者の正当な権利であるため、防ぐためには、本人とは保証人は特定調停を裁判所に申し立てるなどして対抗措置をとる必要があります。また債務者と連名で債務整理してしまうという手段もあります。
ただし、また債務者と債権者との間で和解が成立しても保証人としての立場は、その借り入れの契約が消滅するまで消えないので、和解後の返済を滞るなどした場合には、信用情報機関などに事故情報として登録されるため、ペナルティとして数年間はクレジットカードやキャッシングなどが利用できなくなります。

最近の投稿