裁判覚悟で戦う場合

自分のホームページをすべてコピーされて、ホームページのタイトルだけを変えられて別のホームページとして公開されてしまうという場合があります。こういった場合、コピーをした相手に対して抗議をするというのが最初の対応になりますが、それ以上、何かをするということはあまりありません。というのは、もし、裁判をするということになってしまうと、弁護士に着手金や報酬を支払わないといけないので、お金がかかってしまうからです。
なので、抗議だけして削除してもらうということになるわけですが、もし、相手がそれを無視して、更にコピーしたホームページでお金を稼いでいるという場合は、裁判を起こすというのも視野に入れる必要があります。
相手がコピーしたホームページに広告を掲載していて、収入を得ていれば、裁判をすることでその収入を取れる可能性があるからです。もし、賠償を得ることが出来れば、弁護士費用や裁判費用が補えますし、また、コピーされたホームページを削除させることが出来るので一石二鳥です。
裁判を起こす場合は、とにかく証拠を取っておくことです。たとえば、相手がコピーしたホームページは必ずキャプチャーしておくようにしましょう。

最近の投稿