四十九日法要までの流れ

家族が亡くなると、悲しみの最中、その当日からやらなくてはならないことがたくさんあります。
故人の冥福を祈り極楽浄土へ行けるよう供養するために法要をします。
四十九日法要までの流れとしては、亡くなった当日、または翌日に「通夜」を営み、後日、葬式・告別式をおこないます。
亡くなった日から七日目に「初七日」という法要をします。この後、14日目の「二十七日」、21日目の「三十七日」、28日目の「四十七日」というように、49日目まで7日ごとに法要をするとされていますが、現在では葬儀当日に「初七日」をすませ、次は四十九日の法要をする人が増えています。四十九日の法要は、亡くなってからちょうど49日目にあたる日におこないます。ただし、都合がつかなかったり、平日である場合には参列する人の都合も考慮し、49日目を過ぎないよう、別の日の日曜日などに設定することもあります。
日時が決まったら、親戚や故人の友人などの法要に招待する人たちと、会場を決め、手紙などで連絡をします。
住職の人数と送迎の有無を確認し、送迎が必要ないならばお車代を用意し、また、お布施のための不祝儀袋を用意します。
法要の後は、住職と法要に参列した人を食事でもてなすので、料理も手配します。この時、住職が食事を食べずに帰る場合は、御膳料を渡します。
四十九日では、香典返しのほかに引き出物を用意します。また、この四十九日の法要までに本位牌を用意します。

最近の投稿