葬儀までの流れ

人がお亡くなりになる場面では、数々の手続きがあり、必ず行わなければならない流れというものがあります。例えば病院などでお亡くなりになった方の場合では、医師によって判定が行われることが一般的になり、素人が勝手に判断することはできないルールになっています。自宅や不慮の事故によってお亡くなりになった方のケースでは、警察を呼ぶことが必要とされるケースが多々あり、検視を行った後に検案書を発行してもらうことが必要とされています。その後は病院などの霊安室に保管されることになり、遺族となった方は葬儀の手配を行うことになります。一般的には専門として行っている業者が多数存在しているために、遺体の搬送から安置までの一連の作業を行ってもらうことになります。正式にお通夜などの日程が決まり次第、周囲に広く伝えることになりますが、現在では家族葬というものも広く活用されているために、この点に関しては当人やご家族の意思によって決定されることになります。その後は葬式から火葬場への流れも必要とされており、お墓を準備される方や、既に決まったお墓をお持ちの方の場合では、遺骨を収納することになります。遺産などを持っている方は、遺産分割を遺族が開始することになり、この点に関しても遺言書などが用意されていれば、当人の意思によって決定される部分があります。

最近の投稿