相続分の放棄と相続放棄は同じなのか

相続が発生すると、法定相続人は被相続人の財産の権利と義務を引き継ぐことになりますが、中には債務ばかり残していたような場合もあります。そこで、民法では、相続の効果を承認するか放棄するかを相続人が選べるようになっています。「相続放棄」は、全ての財産を相続しないというもので、相続がなかったことになります。相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述書を提出します。家庭裁判所が放棄の申述を受理すれば、相続人は始めから相続人でなかったと見なされます。そのため、代襲相続もありません。
これに対して、「相続分の放棄」は、相続人が単純相続した後に、プラス財産を取得しないことで、相続開始後、遺産分割手続きの終了までなら、いつでも可能です。相続分放棄者の相続分が、他の共同相続人に対して、その相続分に応じて帰属するとして取り扱われます。ただし、相続人であることは放棄していませんので、相続債務があれば負担を免れることはできません。また、個々の相続財産についても、相続分を放棄することができます。相続人間にトラブルがあって、遺産分割協議が長引く場合などに、個々の財産についての相続分を放棄がなされることがあります。花01

最近の投稿