相続の放棄と限定承認とは

相続する遺産が預貯金や不動産のようなプラスの財産だけでなく、ローンや借金が含まれていることもあります。相続では、資産だけでなく借金などの負の財産も相続対象となりますので、資産よりも借金の方が多い場合は、相続を拒否することもありえます。相続方法には、法律で3つの選択肢があり、単純承認と相続放棄、限定承認に分かれます。単純承認は、遺産の財産の内容に関係なくそのまま借金も含めてまるごと相続することをさします。放棄は、自分の相続分の財産を全て放棄することをさします。限定承認は、相続する財産のうち、資産よりも借金の方が多かった場合はその分は免除してもらえるという相続の仕方です。遺産の中身がわからない場合などに選択されることが多いです。放棄と単純承認を選択する場合は、遺産を相続することが分かった時点から3か月以内に家庭裁判所に申し立ての手続きを行う必要があります。放棄は、個人で決めることができますが、限定承認を選択するときは相続人全員の承諾を得てからでないと認められないことになっています。単純承認を選ぶ場合は、特に申し立てなどを行わなくても問題がないです。逆に、単純承認以外の選択を考えている場合は、3か月以内に手続きを行わないと単純承認したとみなされるので注意が必要です。

最近の投稿