相続を受ける予定の相続人が、遺言者よりも先に死亡してしまった場合はどうなりますか?

自分の死後、自分の財産をめぐって相続争いが発生するのではないか、仲の良い家族が険悪になってしまうのではないかと不安に思う人もいるのではないでしょうか。こうした不安を解消する対策として、遺言書を作成しておくという方法が有効です。親族のうち、誰にどれだけ相続させるのかなど、自身の意思を明確にしておけば、少なくとも、相続争いの回避にはつながるはずです。
ただ、自分の指定した相続人が、自分よりも先に死亡した場合、その遺言の内容はどうなるのだろうかと疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。実際、全財産を妻に引き継がせるといった内容を遺言書に記載しておいたところ、妻が先立ってしまった事態もあり得ないことではありません。
このように、遺言者よりも先に相続人が死亡した場合、遺言書に記載していた内容は、失効することになります。上の例では、妻へ全財産を相続させるという内容が無効になるのです。そうなると、せっかくの自分の意思も遺言書も無意味になります。
こうした事態を避けるために、予備的遺言という方法があります。相続人が遺言者よりも先に死去した場合の相続人を指定しておくのです。例えば、妻が自分の死亡以前に死亡した場合、その財産を長男に相続させる、などと指定しておく方法が考えられるでしょう。花05

最近の投稿