主たる債務者に代わって立て替えておく必要がある

契約を結ぶような場面では、金銭的な取引が行われることがあります。例えば借金をする場合や、逆にお金を貸す場面、賃貸契約などでも家賃の支払いに関する契約なども用意されています。多くのケースで保証人を用意することが行われているのですが、債務者が支払いをせずにそのまま放置してしまった場合では、保証人になった方が返済する必要が出てくる場合もあります。一般的には連帯保証人になることによって、債務者と同じ立場として返済することが必要とされていますが、逆に保証人を用意しない契約を結ぶ場面もあります。このケースでは求償権を利用することができ、商行為の保証委託契約を結ぶ方も存在しています。具体的には債権を自らお金を支払って購入することを行って、第三者機関に取り立てを依頼することが解決策の一つとされており、第三者機関によって本来の債務者に取り立てを行うことが基本とされています。賃貸住宅などを借りる際には、いわゆる保証会社を利用することが条件とされる場合もありますが、このシステムに関しても基本的には同じ内容を持っていることになり、債務者が支払うべきお金に関しては、法律によって守られた内容で取り立てを行うことを可能としているものになります。

最近の投稿