遺言とは

自分が亡くなった後に実現してもらいたいこと、残された家族に財産などをどう分けるかという事は、亡くなった後では伝えることができません。生きているうちに自分亡き後のことを書面に記しておくことが必要になります。その書面のことを遺言と呼ぶのです。公正証書などにする場合もありますが、自分で書くこともできます。
単に伝えたいメッセージがあるという場合ならば、通常の手紙と同様に書いておけばよいです。しかし、財産を分けるために必要な事項などを記載している場合は、一定のルールに従って書いておかないと無効になってしまいますから、ルールの確認は必須となります。基本的なことで言えば名前と印鑑、日付をきちんと書くという事が挙げられます。特に日付は複数見つかった場合にどれが最も新しく効力を発するかという事を特定するために必要なこととなるので、忘れずに入れておかなくてはなりません。また、最近は多くの文書をパソコンなどで作成しますが、この場合は手書きでないといけないという決まりがあるので注意しましょう。他にも、夫婦であっても二人分を一つの紙に書いてはいけないというルールがあります。こういった細かいルールをきちんと守り、有効な書面を作っていきましょう。花03

最近の投稿