税金が軽減されるメリットも

世の中で働いている人は、お給料の中から税金を支払っています。
そのお金は、様々な助成金や制度として使われています。
しかし、同居しているのに離婚しているという、書類上の離婚夫婦が、現代社会で急増しているのも現実です。
例えば夫の借金が原因で督促が来た場合、離婚と言う形によって、保証人でもない限り、妻に請求が行くことは無いのです。
メリットとも言えますが、それを利用する夫婦が増えて来ています。
離婚をして、妻が子供を引き取れば、母子手当てを受給する資格を得る事ができます。
無職で財産もなく、生活に困っていると申請する事により、生活保護も受給出来ます。
正当な離婚はもちろん、偽装離婚でも、受けられる制度は変わりません。
あらゆる支払いが軽減されますので、偽装離婚の利点とも言えます。とはいえ、偽装ですので、調査が入り発覚した場合は全額返金、また訴訟をされる可能性もあります。
医療費や交通費も何かと優遇されますので、一生懸命働いている人よりも実際は裕福な生活をしている場合もあります。
国から様々な恩恵を受けられるのは、本当に困っているだけの人にしていかない事には、財政も苦しくねるばかりです。
ですが、確たる証拠が無いことには、取り締まる事も出来ないのが現実です。

最近の投稿