自分の財産はギリギリまで明示しないようにする

離婚をするなら自分の財産はギリギリまで明示しないようにしましょう。基本的には相手より先に明示することは避けるように心がけると良いです。また、離婚とは何かの理由があるからこそ離婚をすることに至るわけですが、特別な理由もなく性格の不一致が理由で離婚をする場合、その離婚の準備期間において不倫をすることは避けなければなりません。離婚をすることになったから不倫をすると言っても、まだ婚姻関係にあるのであれば不貞行為として慰謝料を請求される可能性があるからです。簡単に言うと、離婚の問題がすべて片付くまではじっとおとなしくしている方が有利に離婚をすることが出来るというわけです。少しでも自分の方が離婚に対する非が大きくなると、それだけ財産分与で不利になりやすいですし、不倫の場合は慰謝料の金額を請求されて損をすることもありえます。協議離婚でも裁判離婚でも、どのような形から離婚を進めることになった場合でも財産分与はかなりもめます。そのため、しっかりと金額や物の権利などを考えるなら弁護士に間に入ってもらうようにしたいところです。そうすると、相手の一方的な言いなりを避けることができ、自分の意見を通しやすくなります。

最近の投稿