自己破産とは

自己破産は免責が認められれば債務を返済する義務がなくなるものであり、最も債務の圧縮効果が高い債務整理です。ただし、99万円を超える現金と時価20万円を超える財産を処分しなければならない、免責が確定するまでの期間は一部の職業に就けなくなる、全ての債務を対象にしなければならないなどのデメリットもあります。
免責されて返済の義務がなくなっても、債務が消滅するわけではありません。連帯保証人を付けていた債務については、保証人が一括で弁済する義務があり、債権者から督促されることになります。前述のように、保証人のいる債務だけを除外することはできません。
このときに保証人が対抗する手段として、破産者に対する求償権があります。これは破産者が払うべきお金を支払ったので、それの返還を求めるものです。しかし、実際には破産者に応じられるだけの財産は残っていないため、有効ではありません。
認められない場合もありますが、債権者に対して分割で支払う交渉をする価値はあります。これで弁済できるのであれば、財産をある程度は守れます。保証人も弁済できるだけのお金がない場合、債務整理するしかありません。
なお、同意していないのに勝手に名前を使われて連帯保証人になっていた場合、それを申し立てれば弁済する必要はありません。

最近の投稿