準法律行為と何が違うの?

一般的に法律行為に相当する内容としては、分かりやすい例としては契約を結ぶような場面があります。土地の売買を行う場面では、売り主が購入者と契約を結ぶことになり、法的効果として支払代金が発生することになります。このことに対して準法律行為という言葉があります。この内容に関しては意思の通知を行った場合でも、その結果として意思の内容をそのまま効果に表れることではなく、あくまで法律通りに定められた内容で効果が発生する性質を持っています。したがって、ごく一般的な会話の中でも自然的に発生している事柄になり、常に法律によって守られている内容で処理されることになります。実際に準法律行為の中に観念の通知という項目もあり、一般的には債務承認などが相当することになります。また、混同事実行為という項目も用意されており、この点に関しては先占や拾得、そして事務管理などといった一般的な人の意識とは直接的には一切の関係を持たない内容を持っていることになります。また、感情の表示なども該当する部分としても知られており、法律によって明確な規定を持った契約などではなく、自然的に発生しながらも法律の範囲内で行われる行為を指しているものと解釈することができます。

最近の投稿